美容鍼

鍼灸治療で効果が出る仕組みとは

背中のお灸

身体の患部やツボに対して専用の鍼を刺して刺激を与えるのが鍼灸治療の基本ですが、なぜそれで効果が現れるのかには諸説あります。メカニズムとして最も広まっているのは、刺した鍼の刺激が自律神経系や免疫系に働きかけることです。これにより、自己免疫力の向上や、鎮静効果があるなどの効果を発揮します。ほかにも効果の仕組みとしては、鍼による刺激によって脳内に痛みを抑えるためのエンドルフィンが分泌される、抹消神経の痛みの信号を断ち切るなどという説もあります。灸の場合は、熱による刺激なので、血行促進効果がメインです。血の巡りが良くなることで、血液中に免疫物質が分泌される、造血作用が促進されるといった仕組みが働きます。
また効果を発揮させるため、治療方法にも工夫が施されているのも鍼灸治療の特徴です。鍼の場合は、単刺や置鍼、パルス鍼といった3種類の治療方法を使って体質改善を図ります。それに対して灸は、直接灸と間接灸の2種類が主です。いずれも疾患の改善に役立てるための治療方法にはなりますが、どのように使い分けを行っていくのかは、抱えている疾患や体質、そして担当する鍼灸師の技量によって異なります。鍼だけの治療を行っている所も少なくはないですが、鍼と灸の両方を組み合わせて効果を最大限に引き出すのが一般的な鍼灸院の治療方針です。このように、鍼灸はきちんとしたメカニズムに沿った治療を行っているので覚えておくと良いでしょう。

ピックアップ

鍼灸師と患者

鍼灸師になるためにかかる学費はどれくらい?

鍼灸師になるためには、まず国家資格を受験するための受験資格が必要となります。受験資格は専門学校や大学などの養成学校で3年間、もしくは4…

詳細を読む
施術台

鍼灸師になるために給付金の支援を受けられることもある!

鍼灸師には学費だけでかなりの費用がかかるということを考えると敷居が高く感じるかもしれませんが、実はそんな人のための救済措置があります。…

詳細を読む
問診

鍼灸治療で認められる効果とは?

鍼灸治療は2000年以上もの昔から中国で行われてきた伝統的な東洋医学の治療方法です。その効果は肩こりや腰痛などの痛みを解消する、あるい…

詳細を読む

ヘッドライン

背中のお灸

鍼灸治療で効果が出る仕組みとは

身体の患部やツボに対して専用の鍼を刺して刺激を与えるのが鍼灸治療の基本ですが、なぜそれで効果が現れるのかには諸説あります。メカニズムと…

詳細を読む